CO2排出量の削減 > 家庭から出されている二酸化炭素排出量

家庭から出されている二酸化炭素排出量について

私たちが生活している中で二酸化炭素の量はどれくらい排出されているものなのでしょうか。

家庭から出されている二酸化炭素の量というのは、年々増加傾向にあることが分かっています。

1990年から比較してみても家庭から排出されているCO2の量というのは約35%も増加しているようなのです。

その約20年の間に変わったもの、その主な原因としてはライフスタイルの変化だとされています。

ではどういったライフスタイルが変化したのでしょうか。

1990年頃は一家に1台しかなかったエアコン、今は一部屋に1台ついているのが当たり前のような状況、車も一家に1台ではなく、場所によっては1人に1台、パソコンの普及率もかなり増え、温水便座に食器乾燥機などありとあらゆる利便性が追求された結果、CO2排出量の増加に繋がっています。

ただし嘆いているばかりではなく、2004年のときは2003年と比較してほんのわずかですが、CO2排出量が少なくなっていると言う統計もあることからまだまだ減らす余力はあるということも分かります。

家庭から排出されるCO2の主なものとしては家電製品と自家用車が大半を占めていると思います。

そこで個人個人が少しずつ意識することで、1日1kgを削減していこうという目標を達成することができます。

一人一人が意識をして、心がけることで家計にも環境にも優しいことになると思います。

それが、今まで排出してきたCO2の量を減らしていく唯一の方法なのではないでしょうか。