CO2排出量の削減 > 自動車のCO2排出量

自動車のCO2排出量について

昨今、地球温暖化防止対策をしようと、CO2の排出量を減らそうという動きが高まってきています。このCO2の排出量が多いものの代表として「自動車」という印象が私たちにはあると思います。対策するための提案策としては、燃費がいい車に買い換えるとか、車に乗る回数を減らすとか、という考えがありますが、車を買い替えるにはお金がかかります。車に乗る回数を減らすと車での生活でしか生活してなかった人にとってはかなり不便な生活を強いられることになります。と問題は山積みなのではないでしょうか。

では、いったい自動車からはどれくらいのCO2が排出されているのでしょうか。見てみたいと思います。

自動車と言う乗り物はガソリンを燃料としているためにガソリンを燃焼させることで走ることができます。この燃焼させるときにCO2が発生してしまうのです。ですから単純に考えてみるとガソリンを消費していくほどCO2の排出量も多くなっていくと言うことになります。

だいたい、ガソリン1Lにたいして、2.3kgのCO2が排出されていると言われています。今、人間が1日に排出しているCO2の量は平均6kgと言われています。ですからこの2.3kgの車からの排出量というのはいかに多いかわかりますよね。

CO2を削減する目標の数値としては1人1日1kg減ということですので、車の運転をちょっと減らすだけで目標が達成できることが分かると思います。

または車を燃費がいい車に変えるだけでもかなり効果が出ると思いますので、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。