CO2排出量の削減 > ディーゼル車とCO2排出量

ディーゼル車とCO2排出量について

日本では石油をたくさん使用していますが、その需要の100%近い値を輸入でまかなっているのが現状です。
そのうちのガソリン・ナフサの需要が25%に上っていますが、近年需要がだんだん増えている傾向にあり、25%の需要ではまかなえ切れないところまできています。

ガソリンと言うのは石油を精製して作られているもので、その工程時にCO2がたくさん発生されています。また現在では生成された重油から不足分のガソリンを再精製しているために、ダブルでCO2の排出量が増えていると言うことになります。
こう見てみると、私たちの車が走るまでにかなりCO2が排出されていることになり、車が走ることでさらにCO2が排出されていると言うことが分かると思います。

この精製工程におけるCO2排出量を削減するためには、軽油の需要が高まることがいいということ、ガソリンや軽油の需要が最適化されればいいということが条件になるのではないかと言われているのです。

そこで、役立つのがディーゼル車ではないでしょうか。ディーゼル車はガソリン車に比べて燃費がものすごくよく、燃料の消費量もかなり違い少ないです。現在日本中を走っている車の大多数がガソリン車ですので、全体の1割がディーゼル車になるだけでもかなりのCO2排出量が削減できるのではないかと言う考えもあるようですが、そこまでディーゼル車が普及するには難しそうです。しかし、各自動車メーカーなどが近年、ディーゼル車の販売強化を検討しているという背景もあるようです。

地球温暖化対策にディーゼル車。これはちょっと興味がある出来事かもしれませんね。