CO2排出量の削減 > 水道の使い方でCO2排出量を削減しよう

水道の使い方でCO2排出量を削減しようについて

水道の使い方をちょっと変えてCO2排出量を削減してみませんか?

例えば、シャワーを1分間出しっぱなしにした場合、どれくらいの量の水が使われているかご存知ですか?水1分間出しっぱなしにすると10リットルも出ることになります。シャワーを10分間使ったらそれだけで100リットル、ペットボトル50本分になります。それだけ無駄に水を使っていると言うことなのです。

しかも、シャワーを使うと言うことはお湯を使うと言うことです。ですから、お湯を沸かすのにはガスを使うし、水道の水を蛇口へ送り込むのには電気を使うことになります。

ですからその分CO2をたくさん排出しているということになるのです。だからシャワーを浴びるときに頭を洗っているほんの2~3分の間でもシャワーを止めてみませんか?それだけでもかなりの量の水を節約することができるし、かなりの量のCO2の排出量を減らすことができるのです。

またそれだけでなく、お風呂の湯船で使用したお湯を洗濯に再利用したりするのも友好的だと思います。またシャワーを浴びるときに使用するシャワーヘッドなども使うことができます。今は色々なシャワーヘッドなども売っているので是非試してみてください。

こういった節水を心がけるために、国土交通省のホームページに「365日の節水マニュアル」という節水をするための豆知識情報が掲載されているみたいなので、どういった節水方法があるのか是非参考にしてみて試してみてはいかがでしょうか。