CO2排出量の削減 > ディーゼル車によるCO2排出量の低下

ディーゼル車によるCO2排出量の低下について

ディーゼルエンジンというのは地球にとても優しい内燃機関だということをご存知でしょうか?

なぜ地球に優しいというのが問題になっているかと言うと、21世紀に突入してから地球温暖化が原因になっていると思われる異常気象が世界各国で頻発しています。

その為に地球温暖化の原因となっているCO2排出量を削減するための対策を世界規模で行わなければならないところまできているのです。

では、CO2排出はどういったところから排出されているのでしょうか?

一番有名なところで言うと自動車から排出されるCO2の排出量というのが問題視されています。

CO2の排出量を削減するためには車を乗らないこと、車を無くしていく事がいいのですが、現実問題私たちの今の生活の中から車を無くすということは、まず不可能だと言うことは言われなくても分かりますよね。

ですから車を無くさなくてもいい方法で考えていくしかないのです。

そこで注目されたのがディーゼル車です。

ディーゼル車はガソリン車に比べてCO2の排出量がものすごく少なくさらに燃費もいいために、お財布にも地球にも優しいのです。

ディーゼル車では軽油を使用します。

石油からガソリンを燃料精製する工程、石油から軽油を燃料精製する工程でもCO2は排出されますがこの場合においてもCO2の量は全然違うとされています。

ですからガソリン車からディーゼル車に変わるとCO2が軽減されるということになるのですが、この考えが車ユーザーに浸透していくかどうかはこれからの対策次第ではないかと思います。