CO2排出量の削減 > CO2排出量削減のためにできること(暖房)

CO2排出量削減のためにできること(暖房)について

近年地球温暖化防止のために省エネをしようとかエコとかいろんな情報が錯綜しています。

私たちができる地球温暖化防止対策として家庭で出されるCO2の排出量を少しでも削減できたらいいのではないかと思います。

そこで家庭の中でも「暖房」に焦点をあてて対策を考えてみたいと思います。

寒くなると暖房をつけるようになると思いますが、推奨されている設定温度と言うのは「20度」だと言われています。20度ってかなり低くて寒いのではないかと思いますよね。そこで暖かく快適に過ごすための工夫と言うのが必要になってくると思います。

暖かい空気と言うのは上のほうに上がってしまう傾向があり、下のほうが寒く感じてしまいます。ですから私たちは部屋の下のほうで生活をしているので、どんなに暖房の温度を上げたとしても天井のほうの温度に比べると床のほうが低くなってしまうと言うわけです。それを解消してくれるのが扇風機です。扇風機を上に向けてまわすことで暖かい空気を部屋全体に回してくれるようになるので暖房効率もよくなるというわけです。

またエアコンで暖かくするよりはコタツのほうが電気消費量も少なくていいとも言われています。足元を暖めることで寒さを感じにくくなるからだと思います。こたつを使う場合には上掛けや、こたつの下にマットをひくなどして低い設定温度でも十分暖かくなるような工夫をするようにすることが大切です。

また電気カーペットやハロゲンヒーターなどもありますので工夫して使うようにしましょう。そうすることで電気の消費量を減らすことができ、結果的にCO2排出量も減らすことができるということに繋がるのです。